星槎学園中高等部北斗校についてタイトル
北斗校について
星槎学園中高等部北斗校授業風景写真

共感理解教育 〜 みんな違ってみんないい 〜

星槎には、スポーツが得意な人・勉強が苦手な人・本当の仲間を求めている人など、みんな違った個性を持った仲間が集まっています。夢や目標・学び方も違う仲間が共に笑い、共に悩み、時間を共有する。それぞれの夢を実現するためには、一人ひとりに合わせた支援が必要です。これから進む社会で夢を実現するには知識偏重の学びではなく、生きる力を育む学びでなくてはなりません。それが共感理解教育です。心も体も考え方も違う仲間が共に学び、共に成長していく、小さな社会が星槎の中にあります。

共感理解教育イラスト
共感理解教育イラスト

星槎学園は学校教育法第55条に基づき、昭和60年に文部大臣より指定を受けた技能教育施設(現在は都道府県教育委員会が認可)です。星槎国際高等学校との連携教育により、高等学校普通科の卒業資格が取得できます。長年の実績と伝統は他の技能教育施設のモデルになっています。
北斗校の在籍生は、一人ひとりの興味・関心は様々で感じ方や捉え方も一人ひとり違います。もちろん、得意・不得意だって違います。互い個性を認めあいながら、共に学び、笑顔の連鎖を増やしていく。そのなかで自信を掴み、自らの将来に向かって歩みを進めてほしい。私たちはその手助けをしていきたいと思っています。 本校は、進路希望別に体験学習を重視しています。学びたいことを高校1年生から体験していくことで、自分の将来をみつめていく時間を長くとり、じっくり進路と向き合うようにしていきます。