通信制高校の技能連携校である星槎学園北斗校中等部のご案内タイトル
北斗校中等部のご案内
星槎学園 北斗校 中等部画像

星槎学園中等部北斗校とは…

星槎学園 北斗校 中等部 授業風景1学園生活や教育の支援を必要とする生徒に教育的支援・環境を整え、自己肯定感・挑戦する力を育てます。また、日々の集団生活・体験において、社会生活に必要なルール・マナーなどを身につけます。 生徒たちは自宅の学区内にある公立中学校に在籍していただきながら、北斗校に登校し学んでいきます。中等部は完全週5日制のフリースクールとなっております。毎日安心した教育環境の中で高校進学準備を整えることはもちろん、自己肯定感や挑戦心を育て、日々の集団生活・体験において、社会生活に必要なルール・マナーなどの社会性を養うプログラムの実践も行います。

中等部の目標

星槎学園 北斗校 中等部 授業風景2
基礎学力の充実を図ると共に、自己肯定感を持ち、自律した生活を行なう。

体験学習を通して、自己表現力を高め自信をつける。

職業準備をはじめとして、様々な実体験を多く取り入れながら、集団におけるルールやマナーを養い、社会性を育てる

中等部の目標を達成するために


入学後、進路適性検査(WISC-Ⅳなど)を行ない、職員全員の共通理解を図るためケース会議を行ない、6年間における支援計画・体制を整えます。

特定の授業や各行事等においては高等部との共有をしています。共有する授業等:実習(中学2年生・3年生は、日時・クラスによっては1時間共有授業となります)・SST(一部)・選択・行事・クラブ活動

少人数クラスやグループ別の授業により基礎学力の充実をはかります。

学校内外での行事や芸術表現活動などの体験学習から学びます。

挨拶など、今後の社会生活や職業に通ずるコミュニケーションを生活習慣とし、職業準備などの体験学習からも社会性を身につけます。

星槎学園 北斗校 中等部 授業風景3
例:見通しの持てるスケジュール立て
中1:翌日のスケジュール立て(SST・SHRなど)
中2:翌週のスケジュール立て(LHR)
中3:月ごとのスケジュール立て

時間割 〜 平成26年度中等部1年生時間割 〜

※ 平成27年度の詳細は決定次第、こちらにてお知らせいたします。

1限
基礎国語
総合社会
表 現
計算事務
国 語
2限
美 術
音 楽
総合理科
体 育
基礎数学
3限
総合社会
書 道
LHR
共 生
昼休み
昼休み
4限
数 学
文書処理
国 語
選択(剣道)
5限
総合理科
英 語
数 学

1日の時間帯

SHR 9:30~9:35
1限 9:40〜10:30
2限 10:40〜11:30
3限 11:40〜12:30
昼休み 12:40〜13:10
4限 13:10〜14:00
5限 14:10〜15:00
SHR 15:10~15:20
SHR後 ・清掃 ・クラブ活動(高等部合同)

特色ある授業

1:基礎国語・基礎数学
学習の基本となる「読み書き計算」を主体として、従来の国語・数学に加えて基礎学力の向上をめざします。
2:SST(ソーシャルスキルトレーニング)
人間関係をうまくもてるように、また社会的に望ましい行動を獲得できることをめざします。臨床心理士とともに個人面談や話し合い、ロールプレイなどを通して練習をします。クラス全体で行う授業として時間割内に設けるのではなく、芸術科目や作業を伴う科目から抜き出し個々に必要な面談を行うことにより、状況にあわせたソーシャルスキルの向上を目指します。
3:実習基礎
中学2年生から社会生活に向けた取り組みとして、作業場面における人とのコミュニケーションや社会性の育成、そして働く上で必要とする習慣(例えば挨拶、連絡、報告、相談などの職業コミュニケーションや社会ルール、マナーなどの社会性)を職業準備(基礎)として体験学習で取り組んでいきます。

星槎学園 北斗校 中等部 授業風景4

他にもこんな特色があります!
「困った時に、ひとりにさせません」
生徒一人ひとりにチューター(個別教育支援担当)がつき、一緒に考え、アドバイスをしていきます。きめ細やかな対応で、どのような体験をするかなど、学校生活のプランや目標に向けた教育的支援を行います。また、いくつも相談できる道を準備していますので、ひとりで不安にさせることはありません。
「新しい自分を発見」
北斗校では、国際理解教育の一環としてALT(Assistant Language Teacher)の授業を取り入れています。クリスマスなどの行事に合わせて海外の文化に触れ、新しい発見と共に視野を広げていきます。

中等部に関するお申し込み・お問い合わせ
045-530-1313
●お気軽にお問い合わせください。(教職員一同)