星槎学園高等部湘南校についてタイトル
校長よりメッセージ


星槎学園高等部湘南校 校長より

みなさん、ご入学、進級おめでとうございます。
これから新しい仲間とともに学園生活を楽しみましょう。宜しくお願いいたします。

年度初めに当たり、幾つかみなさんにお話しします。
まずはじめに、私たち星槎にとってとても大切な、「星槎3つの約束」について確認しておきます。私たちは一人ひとり性格や能力など、それぞれに出来ることや出来ないことがみんな違います。違って当たり前で、同じであることの方がおかしいですよね。

でも、現実はどうでしょうか。
残念ながら「違うから」という理由だけで、悪口を言われたり、仲間はずれにされたり、ということが沢山あります。みなさんもそういう嫌な思いや経験をしたことがあるのではないでしょうか。私たち星槎は、社会に向かって、おかしいことはおかしい、と立ち向かってきましたし、これからも立ち向かっていきます。
それが「人を認める 人を排除しない 仲間を作る」という3つの約束なのです。

次に、教育目標についてお話しします。
星槎の教育目標は「困難な場面において相手を想い、笑顔と勇気をもって立ち向かう強い心の育成」です。私たちは、自分では解決できそうもない困難な場面に遭遇すると、つい避けて通ろうとします。しかし、自分が成長していくためには、また、社会で生きていくための力を身に付けるには、「困難な場面において相手を想い、笑顔と勇気をもって立ち向かう強い心」が必要なのです。一人では出来なくても、仲間となら必ず出来ます。
みんなで教育目標にあるように、お互いに認めあい、助け合い、分かち合いながら、力強く頑張っていきましょう。

それから、昨年度からお願いしている4つのことについてお話しします。
1つは、「遅刻をしない」ということ。社会で生きていく上で必要な生活習慣です。
2つ目は、「授業に真剣に取り組もう」ということ。時々寝ている人がいますが、実にもったいない。学校生活の中心は授業です。みんなで楽しい授業を創っていって下さい。
3つ目は、「正しい判断、正しい行動を心がけよう」です。相手のことや周囲の状況をよく考え、責任ある行動がとれる人になって下さい。
4つ目は、「誰とでも活動出来る人になろう」です。社会にでると、全く知らない人とチームを組み、仕事をし、成果を上げなければなりません。学校は壮大な実験場なのです。失敗こそ良い経験、良い学びになります。

最後に、2・3年生の皆さん、皆さんがそうであったように、新入生が希望とちょっぴりの不安な気持ちでいると思います。優しく、温かく迎えて下さい。よろしくお願いします。
それでは、生徒も先生も保護者の方も共に力を合わせ、これまで諸先輩達が築いてきた湘南校を、ますます笑顔溢れる素敵な学校にしていきましょう。

星槎学園高等部 湘南校校長
湯原一郎