星槎学園高等部湘南校の入学のご案内について
湘南校への皆さまの声

在校生の声

2007年度文化祭 実行委員長の言葉より 9期生 Y.Mさん
「☆★仲間★☆」
「今は秋で寒いけど、湘南校に来れば心が暖かくなる。」私が1年の時に言った言葉です。
友達って何だろう?先生って何だろう?…ふとそう思う時、ありませんか?友達・家族・先生…私は以前、その枠の中で生活することに窮屈さを感じることがありました。
私には好きな言葉があります。「仲間」ってとても素敵な言葉ですよね!私たちの湘南校にはたくさんの仲間がいます。中学校、高等部、太陽倶楽部、今年からOSAの仲間も増えました!!湘南校では先生たちもみんな仲間☆そして、私たちがいつも大変お世話になっている地域の皆さんも私たちの大切な仲間です!!
湘南校は素敵な学校です。でも湘南校には様々な人が通っているので、楽しいことばかりではありません。時には辛いこともあるでしょう。
しかし…!!これだけは心に刻んでおいてほしいことがあります!それは、湘南校には“辛いことも嬉しいことも全部分かち合える仲間がいる”ということです☆
辛いことを経験してきた者たちだからこそ相手の痛みが分かり合えるのだと私は思います。まだそういう存在が見つかっていない人はこれからきっと見つかると思います。
私たちは今日・明日の村祭りのために少ない時間の中で精一杯準備をしてきました。準備期間中にまた、私たちの仲間を助け合う絆が強くなったように思います。村祭りを見に来て頂いた皆さんには、ぜひ湘南校の絆を感じていってほしいと思います!!
今日・明日村祭りに来て頂いた全ての人へ!!
あなたはもう湘南校の仲間です☆さぁ、心と心で手をつないで一緒に村祭りを楽しみましょう(*^_^*)
2007.11.03

卒業生の声

卒業文集より 8期生 M.M君
自分は駄目な人間だ。自分は必要のない存在だ。高校に興味なんてなかったし、生きていることにも死んでしまうことにも興味がなかった。そんな腐った俺にやり直すチャンスをくれたのが星槎だったと思う。
最初はとりあえず入っただけだった。でもココには俺のことを駄目な人間だなどと見下す人はいなかった。それどころか俺のことを必要としてくれる人すらいた。それが嬉しかった。ココでならやり直せると思った。
素晴らしい先生や素晴らしい友達に出会えたことも大きいと思う。彼らの存在がなければ今の自分はいないし、ここまで自分が伸びることもなかった。
大人になればなるほどココで得た経験の価値は大きくなるだろう。だからこそ、ココで多くの経験を得られたことは自分にとってとてもプラスになるだろう。その経験を活かして俺は必ずBigになるよ。だから、みんなも形はどうあれ幸せになってください。

保護者の声

7期生 Mさん
中学2年の2学期から学校に行けなくなっていた息子が、学校案内のパンフレットを見て「見学に行く」と言ったのが、星槎学園の湘南校でした。
見学の帰りには、息子は自分で入学を決めていました。一年がすぎ、「行ってきます」と元気に出かける姿、「ただいま、今日は疲れた」と帰ってくる姿を見るにつけ、息子が日々自信を取りもどしていることがわかります。
先生方のやさしい指導とあたたかい言葉、ほっと息ができる場所がここにはあります。縁あって入った学校だから、子どもと一緒に楽しみながらかかわって、親子で成長していけたらと願っています。

体験入学・学校見学などのお申し込み・お問い合わせ
0463-71-0991
●お気軽にお問い合わせください。(教職員一同)