広域通信制・単位制高校・普通科 学校法人 国際学園

埼玉県川口市の通信制高校 星槎国際高等学校 川口キャンパス 転入生随時受付中!

 
 
星槎国際高等学校の学校生活について、イメージ画像

選べる登校スタイル 〜無理なく自分に合わせた学校生活が可能〜

1人ひとりの「個性」と「学びのペース」に合わせたオーダーメイド教育 。
それが川口キャンパスの教育システムです。

 

選べる3つのコース

キャリアデザインコース(週5日)
キャリアデザインコース 授業風景
大学・短大・専門学校・就職すべてに対応
まだ将来の目標が決まってなくても、芸術、スポーツ、職業等をテーマにした数あるゼミ授業の中から、興味・関心のある授業を選択。進学に向けた学習はもちろん、学び直しを含む基礎学習もしっかしりと行い、自分らしく学び、進路実現を目指します。
ドリームチャレンジコース(週1日)
ドリームチャレンジコース風景
「夢」を応援!やりたいことをとことん追求
「芸能人を目指したい」、「音楽活動に打ち込みたい」、「スポーツを極めたい」等々・・・自分の「夢」を実現させるため、週1日の登校日以外を自分の時間に費やせるコースです。進路実現に向け計画的に学習が進められるよう、職員がしっかりサポートします。
スポーツアスリートコース
スポーツアスリートコース授業風景
目指すは五輪!競技もマネジメントも学べる
将来、オリンピックや世界選手権等の国際大会で活躍するアスリートや、スポーツに集中したい方に対応するコースです。元オリンピック選手等の講師がサポートします。キャンパスから徒歩10分程度の場所に提携寮がありますので全国どこからでも登校可能です。
※ スポーツアスリートコースでは全国初「近代五種」競技の指導環境を、またフェンシングでは「エペ」「サーブル」の指導環境を整備。キャンパス近隣に寮を完備、全国どこからでも通えます。
 

スポーツアスリートコース主な講師

江村 宏二 氏 才藤 浩 氏 本間 孔一 氏
江村 宏二北京オリンピック監督、JOCナショナルコーチ、ロンドンオリンピックコーチ。北京オリンピックでは代表監督として日本人初メダル獲得。 才藤 浩近代五種(射撃、フェンシング、水泳、馬術、ランニング)の選手としてソウル五輪(1988年)に、ロンドン五輪(2012年)には日本代表監督として出場。 本間 孔一2014年アジア競技大会コーチ、2016年リオデジャネイロオリンピックコーチとして活躍。
 

時間割(例)

SHR
連絡
9:30~9:40
朝の連絡
1限
9:45~10:35
英語基礎
地理A
● キャリアデザイン
● アスリートキャリア
現代社会
社会と情報
2限
10:45~11:35
科学と人間
数学1
科学と人間
国語総合
3限
11:45~12:35
数学1
英語基礎
家庭基礎
星槎の時間
昼休
12:35~13:15
昼休み
昼休み
4限
13:20~14:10
● 学習ゼミ
● 芸術ゼミ
● 職業ゼミ
● アスリート
課題研究
● 学習ゼミ
● 芸術ゼミ
● 職業ゼミ
● アスリート
● 学習ゼミ
● 芸術ゼミ
● 職業ゼミ
● アスリート
5限
14:20~15:10
国語総合
SHR
清掃
15:15~15:30
帰りの連絡・清掃
放課後
15:40~17:10
アスリートキャリアプログラムム
 

特色

① 「スクールMBL(Management By Learning)シート」による学びの応援
学び方は個々によって異なります。本人の、特性や学力、生活リズムや遠征等による登校日数の違い等々・・・これらの要因は、「学び」に大きく影響を及ぼします。本校では、こういった状況を踏まえ、生徒一人ひとりが本校での「学び」を着実に理解し自身の力となるよう個々の学びをマネジメントします。学力面及び、社会性や卒業後の進路に関する相談まで専属の教育支援カウンセラーが、星槎独自のMBLシートをもとに本人、保護者とカウンセリングや面談を行い対応します。

 

② 星槎3つの約束と共感理解教育
本校での学びは、単に知識を詰め込む講義型の授業を中心としたカリキュラムではありません。星槎3つの約束(人を認める、排除しない、仲間を作る)中心におき、個々の興味・関心を引き出し、共感理解教育の下、体験的かつ総合的な授業を多く取り入れ、横断的な学びを行っていきます。これにより、多様な価値観を理解し広い視野を持った社会に貢献しうる人材を育成していきます。
 例えば、自分の得意なことを他者に教えることによる自他理解の視点にたった授業や、1つのテーマを横断的に学習することにより、視野の広いバランスの取れた思考パタンを身につける授業、社会性を身につけるべくSST(ソーシャルスキルトレーニング)等々の授業を用意しています。

 

③ 遠隔地学習プログラム
登校時はもちろん、遠征中等、学校から離れた場所にいても学習のサポートを受けることができます。ICT(情報通信技術)の活用により、全国・全世界どこにいても、学習のサポートを受けられる体制をとっていますので、「授業の遅れ」を気にすることなく練習や試合に打ち込めることができます。

 

④ デュアルキャリア支援(スポーツアスリートコース)
「アスリート」として、また「人」としての自己実現をサポートします。  特に、「人」としてのキャリア形成においては「学校生活」の中で育まれる同世代の級友との関り、行事や対面型の学習の中で育まれる教員との信頼関係、卒業後の進路準備における基礎学力や応用力、社会性等々が必要となります。本校では、「アスリートとしてのキャリア形成」及び「人としてのキャリア形成」の両面をしっかりとサポートし、卒業後の進路指導・進学指導はもちろん、充実した高校生活3年間を専門スタッフと共に過ごせる環境を整備しています。

 

⑤ セカンドキャリアプログラム(スポーツアスリートコース)
アスリート引退後のセカンドキャリアとして、同法人の星槎大学にて教員免許を取得し教職員となり、子ども達にスポーツを教え将来のオリンピック選手を育成することが可能です。時間に縛られることなく、「いつでも」、「どこでも」、「だれでも」学べる星槎大学にて、既に多くの元プロ野球選手やプロサッカー選手等が学んでいます。